賃貸経営をするならと賃貸管理会社に管理を委託

男女

保証会社を利用するケース

女の人

保証を利用する時の注意点

賃貸住宅を利用する際に必要となるのが保証人です。保証人は契約を希望している人を保証するもので、契約を結んだあとに契約者が賃料の支払いを滞納した際には代位弁済する人のことです。このため賃貸住宅を借りる際には保証人を見つけるのが最大の障壁になります。一般的には親族や親しい人が保証人になりますが、そのような人が見つけられない場合や適切な保証人を用意できないといったことも多くなっています。このため保証人に変わるものが家賃債務保証です。家賃債務保証は保証会社が契約料を支払った契約者に対して定められた期間の保証を行うというものです。保証人として使うことができるのが家賃債務保証のメリットです。また借りている人だけでなく、賃貸物件を所有している貸主にとっても魅力のあるものになっています。保証会社が対応してくれるため、滞納されることがなくなり、収入が滞ることもなくなります。

保証会社を選ぶには

貸主が家賃債務保証を利用する際には保証会社選びが重要になります。家賃債務保証の仕組みそのものは保証会社と契約を結び、定められた保証料を支払って、定められた期間の保証を受けられるというものですが、この際の保証料や保証内容は会社によって異なっています。また家賃滞納時の対応も保証会社によって異なっています。このため家賃債務保証を利用する際には、法令を遵守する保証会社を利用することが、借り主とのトラブルを防ぐ上でも重要です。家賃債務保証を行っているのは、不動産会社などが行っている独立系のほか、信販会社などが保証業務を行っているものもありますが、特に信販会社を利用できれば継続的な利用で料金も低く抑えられるメリットがあります。