賃貸経営をするならと賃貸管理会社に管理を委託

男女

投資にリスクはつきもの

集合住宅

リスク対策を講じること

現在は様々な投資方法がありますが、投資にはリスクが必ず付きます。その大小は、商品や方法によって異なりますが、マンション経営においてもリスクはつきます。もともと不動産を所持している状態で、それを賃貸契約する様な場合には、投資には該当しませんのでリスクはありませんが、家賃収入を得ることを目的としてマンション経営を行う事を目的に不動産を購入する場合には、支払いと収入のバランスが必要になります。これが崩れることがリスクになるのです。マンション経営のリスクは、対策を講じておくことで回避したり小さくすることが可能になります。不動産投資はもともとリスクが小さい投資商品になりますので、きちんとリスク管理しておくことで赤字に転落するケースを回避することができるのです。

気を付けるべき点

しかしリスクは一種類ではありません。複数あるリスクをしっかりと認識しておくことが大事なポイントになります。まず空室のリスクです。これは収入が絶たれるリスクになります。一定額の支払いを抱えている場合、それを補う収入があれば、利益として残すことができますが、下回ると赤字になります。そのため、空室をおこさないような対策を施すことも大事ですが、空室をおこしてもそれを補うだけの長期的視点で利益確保を行っておくなどの対策が必要になります。マンション経営をローンで行う場合には、ローンの変動にも注意しておかなければなりません。変動金利など今は低金利時代なのですが、これがどの程度続くのかは誰にも予測不可能なのです。